日本グリーンハウス協会では
各地で、アトピー・アレルギーセミナーを行っています。

今回、沖縄でセミナーに参加した方の体験談を
ご紹介したいと思います。

原因不明の皮膚病

その方は2年間、原因不明の皮膚病に悩まされていました。

胸と背中の広い範囲が赤く腫れているのがわかります。
(↓下の写真・左)

病院へ通っては薬をもらって、だんだん効かなくなってくると
さらに強い薬を処方される…そんな繰り返しだったそうです。

処方された薬には、ステロイドが使われていて、
強いステロイドの副作用で
かえってちょっとした傷でも化膿するような体になってしまいました。

そこで、少しでも良い情報を聞くことが出来れば…と言う思いで
今回のセミナーに参加したそうです。

話の中で「アトピーの原因には2つあって
内部だけではなく、外部の原因も考えていかなくてはいけない」
という説明を聞いたときに
「あっ!」と思い当たる節があったそうです。
それは、誰もが知っている衣類の消臭剤だったのです。

ちょうど、2年前の謎の皮膚病が出始めた頃から
汗のにおいなどが気になって
ファブ○-ズを使い始めたんだそうです。

化学物質などが原因で、アトピーを発症してしまったんですね。

その後、病院のステロイドとファブ○-ズをやめ
『超重曹』を使って治療した結果
2年間苦しみ続けた原因不明の皮膚病は
たったの20日ほどで、すっかり良くなったそうです。
(↓下の写真・右)

食べ物に気を配り、化学物質を寄せ付けないように
気をつけれれば、ある程度までは予防することができます。
でも、発症してしまった場合は
超重曹』を使って、改善していきましょう。

アトピー症状