シャンプー超重曹とアトピー・アレルギー』のセミナーには
様々な職業の方が訪れます。

その中に、手荒れに悩む美容師の方がいらっしゃいました。

毎日、何人ものお客様のシャンプーをしなくては
いけないので、手荒れが治る時間がなく
毎晩、かゆみと痛みで眠れない日々を送っていたそうです。

病院に通ったり、色々な薬を試しても良くならず
美容師をあきらめる覚悟もしていたそうですが
超重曹』を使用してから2週間ほどで
かゆみもおさまり、割れた関節も良くなってきたそうです。

使い方を具体的にご紹介しますね。

【シャンプーで使用する場合】

超重曹』の原液を適量、頭皮につけてシャンプーするのが効果的ですが
髪のきしみが気になる方や香りも欲しいという方は
通常使用しているシャンプーに
1:1の割合で『超重曹』をまぜて使用することをオススメします。

超重曹』をまぜて使用することで、肌にダメージを与える
「たんぱく質変成作用」が消えます。

【かゆみを止め、保湿剤として使用したい場合】

超重曹』9:オリーブオイル1、この原液を
10~50倍に希釈します。

この液をスプレーボトルなどで肌に塗布します。

薬ではないので、希釈の濃度や塗布する回数は
自分の肌を見ながら決めましょう。