超重曹,手,環境,優しい洗剤洗剤というのは、
洗浄力強くなるほどに
それに比例して、環境や人体に影響を
及ぼしてしまうというのが
いっぱんてきでした。
しかし、今までの洗剤の概念を覆す
洗剤として開発されたのが『超重曹』です。

手あれに悩む清掃業界

清掃業界の悩みというのは、手あれでした。
清掃業界では、家庭で掃除する時の洗剤よりも、
より洗浄力の強い洗剤を使うことが多く、
それにより手あれという深刻な問題がありました。
また、掃除をした後に残ってしまう残留化学物質から
アレルギーを発症するということも少なくないようです。

手や環境に優しい洗剤として誕生

某有名掃除会社の方が液体研究者の岡崎忠則氏を訪ね、
人体に害がなく環境にも優しく、なおかつ高い洗浄力を持った洗剤の開発を
依頼したことがきっかけでした。
無理難題ともいえるこの依頼でしたが、岡崎氏が注目したのが
昔から家庭の掃除として使われていた重曹でした。
ただ、難点は洗浄力の弱さ。
家庭で使う分には問題ないのですが、プロの清掃業界で使うには、
洗浄力が足りない…。
しかし、研究に研究を重ねた結果と偶然が合わさり誕生したのが、超重曹』でした。
洗浄力は重曹の10倍のパワーを持った『超重曹』は、
手や環境に優しい洗剤として、しだいに清掃業界に広がっていきました。