アトピー性皮膚炎,発症原因,外部,内部アトピー性皮膚炎
なってしまう発症原因は、
外部内部の2つの経路があります。
この2つの経路の
発症原因をしっかりと
理解し、排除することが、
アトピー性皮膚炎
発症させないことにつながります。

外部原因を消す

アトピー性皮膚炎になってしまう発症原因というのは、外部と内部の2つの経路があります。
その外部というのは、化学物質による外部接触です。
許容量を超えるとアトピー性皮膚炎を発症してしまいます。

●洗濯洗剤を変える

洗濯洗剤に入っている化学成分というものは、
いくら念入りにすすいでも、残留してしまいます。
この残ってしまった化学成分がアトピーを発症させたり
悪化させることがわかっています。
理想は、今使っている洗濯洗剤を『超重曹』に変える事ですが
洗濯洗剤1:『超重曹』1の割合で混ぜて使うこともおすすめですよ。



敏感なアトピー肌『超重曹』でお洗濯をしましょう。

 

●お風呂の塩素を消す

水道水には、塩素が含まれています。
この塩素が刺激になってしまうので、『超重曹』をお風呂の浴槽の中に
30cc程入れてください。
お風呂上りには、シャワーを浴びないようにしてください。


『超重曹』をお風呂場で有効的に使いましょう

 

●『超重曹水』を、かゆみ止め、保湿剤として使う

容器に『超重曹』9:オリーブオイル1の割合で入れ、よく振って混ぜます。
この『超重曹』とオリーブオイルを混ぜた原液を、水で10倍~50倍に薄めたものを
体に塗ります。


アトピーの方の『超重曹』の使い方《より効果を上げた使い方》